人工衛星搭載型HSC

SpaceHSC

開発の経緯

2003年に道民の力で超小型衛星『大樹』を打ち上げようという北海道衛星プロジェクトから宇宙用ハイパースペクトルセンサHSC-IIIの研究開発が始まりました.「モノづくり」・「市場創造」・「啓蒙」の3つの柱のもとに日本に新しい宇宙産業を創造することが北海道衛星プロジェクトの目的です.  私たちは実験室モデルであるHSC1.0,HSC1.5,HSC1.51,HSC1.7(スピンオフ製品HSC1700の原型)を経て,H21年度の文科省の超小型衛星研究開発事業にて超小型衛星に搭載可能なHSCを開発しました.さらに、この開発に培った技術を元に新たに汎用性ハイパースペクトルカメラCosmosEyeHSC1702を作りあげました。  また2006年には『大樹』の実験衛星という位置付けで2.7㎏のHIT-SATという北海道初の人工衛星を打ち上げました.次は本命です.  私たちは近未来にはHSCを超小型衛星に搭載し,皆様と共に北海道の夢を実現していきたいと思います.

主な特長

小型かつ明るい光学系を搭載
  • F#3.0, 光学系のみの重量は5kg
「柔軟」な仕様変更が可能な光学系を搭載
  • 搭載望遠鏡は,焦点距離・視野角が異なる望遠鏡 への変更が容易に可能
  • 分散素子(プリズム,グレーティング)が変更可能
裏面照射型CMOSイメージセンサを搭載
  • 高速・高感度の撮影が可能
  • ROI (部分読み出し)機能により観測波長範囲の選択が可能
独自にデータ処理装置を搭載
  • 衛星バス部とのI/FにSpace Wireを採用

Systemblock

HSCの展望

国の施策と連携
ハイパースペクトルセンサの開発は,経済産業省の宇宙分野における技術戦略マップにおいても重要項目として扱われており,今後の地球観測衛星に取り入れられていくものと考えられる.ALOS-3へ搭載が予定されている高性能ハイパースペクトルセンサHISUIに対して,HSC-IIIはその即応性・機動性の高さから可視近赤外域の運用補完を行うことが可能である.また,可視近赤外域は主に農業・森林観測をターゲットとした波長範囲であるため,農作物の生産量予測,品質向上および森林管理など国の様々な施策との連携が十分に可能である.

国際的優位性
HSCの特徴は,小型・高い空間分解能が挙げられるととも_に,機動性,即応性の高いハイパースペクトルセンサを実現できるものと考えられる.各国のハイパースペクトルセンサの性能比較した結果より,HSCは,他のハイパースペクトルセンサと比較して,観測波長が可視近赤外域のみであることを除けば性能がほぼ同一であり,かつ10kgという小型センサを実現するため,非常に国際的優位性の高い地球観測センサになるものといえる.

センサ名称センサ重量[kg]計測波長[nm]地表サンプリング間隔[m]打ち上げ年(予定)
Hyperion(NASA)50400-2500302000
CHRIS(ESA)14400-105025-502001
HISUI(経済産業省)130400-2500302017
EnMAP(DLR)250420-2450302016以降
PRISMA(Italy)<100400-24503020XX
HSC-III10450-9001520XX
(光学系のみで5)

プロジェクトメンバー

SpaceHSCmenber

スペクトルについてスペクトルカメラ開発年表スペクトルカメラの仕組み人工衛星搭載型HSC製品販売&開発について

お問い合わせ