タイルと苔のスペクトル解析例

タイルとタイルの目に生えている苔をハイパースペクトルカメラで撮影し、スペクトル解析を行いました

画面中央にある「◁▷」をマウスで2つの画像を比較することができます。
農業リモートセンシングでよく使われるNDVI解析にて光合成活性量をイメージ化行いました。

撮影対象について

  • 撮影対象:タイルと苔
  • 撮影場所:札幌市内屋外
  • 使用機種:HSC1803

撮影結果

撮影したデータより、「Other(その他)」「Plant(植物)」「Plant1(植物1)」「Block(ブロック)」の4つのハイパースペクトルデータを抽出しました。次の図に、抽出した箇所を印した画像です。
タイルと苔
タイルと苔グラフ
グラフから、抽出した場所によりスペクトルデータが異なることがわかります。
そこで、光合成能力を可視化する正規化植生指数:NDVI解析(NDVI=(IR-R)/(IR+R))を行いました。
NDVI
タイルと苔-NDVI-
リモートセンシングにおいてよく使われる手法のひとつになります。
NDVIは、植物を見つけることが可能になります。
その手法を逆手にとると植物以外のものを可視化することが可能になります。

Posted in お知らせ, 植物, スペクトル解析 and tagged , .