スケジュール撮影を2つ用意しています

時間経過におけるハイパースペクトルデータの変化を計測したいことがあるかと思います。しかし、ずっとカメラの前で待っているわけには行きません。そこで、弊社のハイパースペクトルカメラは、指定した時刻で撮影を行うための方法を2つ用意しております。

HSCamSharpによるスケジュール撮影方法Windowsタスクスケジューラによる撮影方法です。

これよりご説明いたします。

HSCamSharpによるスケジュール撮影方法

撮影ソフト本体に備わっている機能になります。こちらの機能は、時刻を指定する以外に、撮影枚数の指定やNDVI同時解析などHSCamSharpで設定した撮影プロファイルを実行することができます。

定期間隔撮影

一定間隔で撮影を指定することができます。

定期間隔撮影

定刻撮影

指定した時刻に撮影を行います。

定刻撮影

Windowsタスクスケジューラによる撮影方法

OS(Windows)にて、コマンド引数によるHSCamSharpの「ソフトウェア立ち上げ・撮影・保存・ソフトウェアたち下げなど」を行います。必要最低限の機能のみとなっております。

こちらは、屋外などで制御PCが再起動をしても、タスクスケジューラによってHSCamSharpを立ち上げ撮影し続けることができます。

共通コマンド(本体用コマンド) 
コマンド名効果
-hsc [HSC名]使用するプラグイン(HSC)を指定
HSC170X or HSC180X or HSC180X_CL
メインウィンドウの[機種]より確認
-scan起動完了時にスキャンを開始
-preview起動完了時にプレビューを開始
-savehsdHSD自動保存有効
-headerHSD自動保存時にヘッダ付加
-zipHSD自動保存時に圧縮
-exitスキャン・プレビュー終了後に本ソフト終了
各プラグイン用コマンド  
対応HSCコマンド名効果
HSC170X-b [輝度値(小数)]輝度値を指定
-g [ゲイン値(整数)]ゲイン値を指定
HSC180X-f [フレームレート値(小数)]フレームレート指定
-g [ゲイン値(整数)]ゲイン値を指定
-e [露光値(小数)]露光値を指定
HSC180X_CL-m [動作モード(整数)]動作モードを整数値で指定
0:高解像度モード(遅)
1:高解像度モード(速)
14:高速モード
-l [ライン数(整数)]ライン数(画像の縦解像度)設定
-g [ゲイン値(整数)]ゲイン値設定
-e [露光値(小数)]露光値設定

このコマンド使用例を1例ご紹介致します。

<記述例>

-hsc HSC180X –preview –savehsd –exit –f 30 –g 100 –e 16

<意味>

HSC180X(-hsc HSC180X)でフレームレート30(–f 30),ゲイン100( –g 100)、露光16(–e 16)で起動後にプレビュー撮影し(–preview)、HSDを保存(–savehsd)して終了(–exit)

今回、ご紹介した機能は、只今詳細説明ページを準備中です。
しばしお待ちください。

また、機能の追加・修正で操作画面が変わる場合がございます。

HCamSharpは、弊社で開発しております。購入の際に、オリジナル機能を実装してほしいなどの要望に対応しております。

お問い合わせ

Posted in ハイパースペクトルカメラ, 使い方 and tagged , .